ちょっとしたクイズ

  • 投稿日:
  • by

平成に入ってもはや、25年以上が経過した。

 

そこでクイズである。

平成元年~25年の間で、全裁判所が受理した

①民事・行政事件数、

②刑事事件(被告人の)数、

③家事事件数、

④少年事件(少年の)数、

が最も多い年と少ない年はいつか?

 

 

司法制度改革が、今後の法的紛争が増加すると見込んでいたのだから、近時の事件数の方が多いんじゃないか、少年の凶悪犯を良く聞くような気がするから、多いのは最近じゃないの、等様々な御意見があると思う。

 

正解は最高裁事務総局がまとめた裁判所データブックから明らかだ。

①については平成15年が最多(約352万件)、平成25年が最少(約152万件)

②については、平成元年が最多(約171万人)、平成25年が最少(約105万人)

③については、平成25年が最多(約91万件)、平成2年が最少(約34万件)

④については、平成元年が最多(約51万人)、平成25年が最少(約12万人)

①~④の合計では、平成15年が最多(約610万件)、平成25年が最少(約360万件)

 

となる。ちなみに①~④の合計が裁判所データブックで最多であるのは、昭和40年の約785万件である。おそらく道交法違反の反則切符制度(昭和43年創設)がなかったので刑事・少年事件が多かったのではないかと思われる。

次いで多いのは昭和60年の約668万件である。過払いバブルのような特殊案件がなかったと思われる時代に、①民事・行政事件で約255万件だ。

つまり、昨年全裁判所が受理した民事・行政事件は平成15年の43%(57%減)、昭和60年と比較してもわずか59.8%(40.2%減)しかなかったのだ。昭和60年頃に弁護士不足で社会的な問題が生じたという記憶は、少なくとも私にはないから、当時の弁護士人数約13000人で十分だったのだろう。今では弁護士数は35000人以上だ。

 

司法制度改革委員会は、一体何を根拠に法曹需要の予測を立てたんだろうね。

そして間違った予測に基づいて、税金を食いつぶす法科大学院制度を創って国民の皆様に損害を与え、法曹界志望者から多くの優秀な人材を失わせ、さらに弁護士の職業としての魅力を失わせたため法学部志望者も激減している。

最後は、質の落ちた弁護士があふれ、弁護士の質を見抜けずに事件を依頼せざるをえない国民の皆様にツケは回る。そりゃそうでしょ。25000人が競争して上位500名が合格していたのが、10000人が競争して2000人が合格になるんだから(しかも三振制があった)。上位の方はともかく、全体としての質の低下はどうしたって避けられない。

 

ホント、責任は誰が取ってくれるんだろうね。

 法曹養成制度改革顧問会議が、一部の顧問を除いて、なぜか法科大学院の太鼓持ちのような会議を続けていることは、先日のブログでも記載したが、さらに、追加して法科大学院卒業者の弁護士さんからのヒアリングを行う予定と聞いた。


 しかも日弁連が協力して行うのだそうだ。


 もう一度いう。


 改善するなら問題点を徹底的に追及する必要があるのだ。問題が生じている部分を取り上げ、なぜその問題が生じているのか、どうすればその問題を解決できるのか、について真剣に検討して初めて改善への道が開けるはずである。


 あるうなぎ屋さんが、不味い蒲焼きしか出せない場合、不味い蒲焼きになってしまう原因を徹底追及して、その原因を改めない限り、永遠に不味いうなぎ屋さんから抜けだせない。いくら美味い鰻の蒲焼きを作るという理念があって、その理念が正しくとも、理念は実現できて初めて意味がある。たとえどんなに正しくとも実現出来ない理念など、お客にとってなんの意味もないのである。
 そのうなぎ屋さんが、ごく希に運良く非常に良い質の鰻に巡り逢い、たまたま不味くない蒲焼きができたとする。そして、そのたまたまできた不味くない蒲焼きの味を、わしの理念通りだと、自画自賛することに終始していたとする。このうなぎ屋さんは、その後、美味しい蒲焼きを焼けるようになるだろうか。おそらく普通に営業する限り、無理だ。将来にわたって不味い蒲焼きを焼き続けることになるだろう。

 


 問題点から目を背け、全く改善しようとしていないのだから当然である。

 


 以上の例からも、わかるように、法科大学院制度の問題点を探るなら、厳格な認定を受けて法科大学院を卒業しながら司法試験に合格できなかった方々、法科大学院から実力を身に付けてもらったとは到底感じられない方々からヒアリングを行い、原因を追及して、その原因を改めるしかないはずだ。


 法曹養成制度改革顧問会議・日弁連は、そんな簡単なこともやらないで、いつまで、法科大学院制度の問題点から目を背け続けるのだろうか。

 鈴木仁志弁護士の「民法改正の真実」(講談社)を読んでいる。


 非常に面白い。


 私も法曹の端くれとして、民法に携わってはいるものの、実は、どうして民法改正が必要なのか、さっぱりわからずにいた。確か、大阪弁護士会の常議員会で、民法改正に関する弁護士会の意見書を決議するときに、「改正を必要とする立法事実があるのか」と質問したことがあるが、「立法事実はない」という回答だったようにも記憶している。


 立法事実がないということは簡単にいえば、民法を改正する必要性がないということである。どうして改正の必要性のないものを改正するという話になっているのだろうか。


 私も、大学や大学院で講義している際に、学生に対する雑談として民法改正に触れ、立法事実がないのに民法改正をしようとしているのは、学者の自己満足ではないかと冗談で話したことがある。


 つまり、こうである。


 民法学者として最高峰ともいうべき我妻榮が構築した民法理論、体系についてこれを超えるだけの業績を上げた民法学者は見当たらない(例えば、私が司法修習中に見学した民事部の裁判官室には必ず我妻榮の民法講義~岩波書店刊~が常備してあった。このように、実務界に於いても我妻民法の影響は巨大なものである。)。 つまり、今の民法学者はどうあがいても、40年前に亡くなった巨星・我妻榮に対して正面からはかなわない。そうとなれば、自分が民法の第一人者として歴史に名を残すためには、我妻の構築した民法理論・体系と違うところで勝負するしかない。それなら、我妻が構築した民法理論の前提たる民法自体を変えてしまえば良いのではないか、そうなれば我妻の影響のない新民法の下で、自らが第一人者となることも可能であるし、新民法制定に尽力した者としても名前が残る。
 そうとでも考えないと、民法改正を必要とする理由もないのに、敢えて一部の学者が膨大な時間と労力をかけて民法改正をするわけがないのではないか。


 あくまで冗談だと前置きしてであるが、概ねこのような雑談をしたことがある。
 学生の反応は、そんな、わがままな子供のようなことをエライ学者の先生がするはずはないんじゃないの、というものであったし、私も冗談なので深く考えて話したというわけでもなかった。


 ただ、「民法改正の真実」を読むと、上記の雑談での冗談が、冗談とは言い切れない可能性がどうやらあるかもしれない。


 本書の著者である鈴木仁志弁護士は、その著書「司法占領」(講談社文庫)で、司法改革の問題点を指摘し、荒唐無稽な指摘といわれたらしい。しかし、鈴木弁護士が指摘した問題点のうちいくつかは、そんな問題は生じない(考える必要はない)という有識者の無責任な判断に反して、不幸にも現実化してしまった。脳天気な有識者よりも、よほど先を見通す目をお持ちの方のようである。


 その著者がまた、警鐘を、しかも大きな音で鳴らしているのだ。


 本当に民法改正を行ってしまって良いのか、少なくとも法曹実務家の方々には、本書を是非読んで頂きたいと強く願う。

ゴルゴ13,危機一髪?

  • 投稿日:
  • by

 先日、深夜番組で「ゴルゴ13」のアニメーションをやっていた。


 休日前ということもあり、ボンヤリ見ていた。


 内容は、ゴルゴを倒そうとする女性スナイパーが、色仕掛けで信用させてゴルゴを罠にはめるというものだった。罠にかかったゴルゴは、数多くの敵に包囲され、絶体絶命のピンチに陥る。ゴルゴは、上半身裸でなんとか、包囲網をかいくぐり、銃弾が雨あられと降り注ぐ中、かろうじて自動車に乗り込み逃走する。
 もちろん、敵も数にまかせて、多数の車両でゴルゴを追う。


 ゴルゴ逃げ切れるか!?


 緊迫の場面で、CM。


 そしてCM後、ゴルゴは相変わらずカーチェイスしながら敵からの逃走を続けていた。しかし、その場面に違和感、それもかなり強烈な違和感が。


 理由は簡単・・・・・力いっぱい逃走中のはずのゴルゴは、しっかりと、シートベルトをしていたのだ。もちろん上半身は裸のままだ。


 そもそも、違法な仕事を請負うゴルゴにどこまで遵法精神があるか不明だが、とにかく銃撃を受け自らの命が危険にさらされているような緊急時である。シートベルトをしていては敵に殺されてしまうだろう。


 この場面だけで、リアリティはゼロまで落ちた。


 確かに、法律は守らなければならないんだが、エンディングで必ず「このお話はフィクションです」と表示されるのだから、フィクションの中だけでもリアリティを追求して欲しかった。
 私がいうのも何だが、最近のテレビメディアは理不尽な批判を怖がる余り、表現の本質を見失っているような気もしないではない。

 法曹養成制度改革顧問会議の第11回議事録が公開されている。
 今回の目玉は、法科大学院を卒業して活躍している弁護士からのヒアリングだ。法科大学院卒業して弁護士になられ、実務界で活躍されているお二方が、法科大学院の素晴らしさを語っておられる。


 私から見れば、法科大学院制度維持のための完全な茶番としか思えない。


 もちろん私は、今回ヒアリングの対象とされたお二方は極めて優秀な素晴らしい方であると思うし、お二方が法科大学院を評価していること自体を否定する意図は全くない。
 しかし、法曹志願者の激減の大きな要因が現行の法科大学院制度にあることは明らかである以上、法科大学院制度自体の問題点を検討し改革しなければならないのが、法曹養成制度改革顧問会議の役割のはずだ。
 そうだとすれば、法科大学院の問題点を明らかにすべく、厳格な卒業認定をパスして法科大学院を卒業していながら、司法試験に合格できなかった方々をヒアリングの対象とすべきはずだろう。


 例えば、ある工場で一定の割合で不良品が出てしまう場合、不良品が出てしまう原因を徹底的に調査し改善するのが、当たり前だし、あるべき姿のはずだ。その工場で生産された優良品だけを再度検査して、やはり優良な製品を生み出しているからこの工場は素晴らしいという結論を出すのは、どう考えたっておかしいだろう。


 さらに言えば、私の出身高校は私が在籍していた当時、私が共通一次試験で選択した地学の授業はなかったし、日本史などは江戸中期で終わってしまう授業だった。私は予備校の夏季講座を利用して独学で地学・日本史を勉強し、満点こそ逃したが幸いにもほぼ満点に近い得点を両科目で得ることができた。
 この場合、私の共通一次の成績だけをみて、私の高校が地学と日本史の立派な講義をしていたと判断してよいものだろうか。むしろ学校の授業を信じ、必死に学校の授業の予習復習をしていながらも大学に合格できなかった生徒の話を聞き、学校の問題点を探らなければならないのではないだろうか。


 こんな当たり前のことが、私よりも遥かに頭の良いはずの有識者の方々にわからないはずがない。そうだとすれば、今回のヒアリングも意図的にやっていると考えるしかないだろう。


 だから私は茶番ではないのかと思うのだ。


 そんな茶番に税金が投入されているのだとすれば、ふつう、国民の皆様は怒るだろう。
 法曹養成制度改革顧問会議では、これに加えて、税金を投入して法科大学院の魅力を広報する方法を考えているようだが、ここまでくると、もう、一体何をやっているのか私にはさっぱりわからない。


 誰か教えて下さい。

 インターネット検索で見てみると、花岡さんはやはり、私の手に入れていた2枚のアルバム以外にアルバムは出されていないようだった。


 ただ、花岡さんの廃盤となっていたCDが復刻されていることはわかった。花岡さんを覚えている人達が後押ししたのか、もしくは覚えている人がCDを復刻する会社にいたのかそれはわからない。ともあれ、私には、花岡さんのあの素晴らしい曲達がまた世の中の方々に聞いてもらえる状態になっていることが嬉しかった。


 そして検索2頁目以降を丹念に見ていって、そのページのリンクまでチェックしていき、私はついに花岡さんのブログを発見することができた。


 今年の6月21日開始されたそのブログは、現在記事はまだ4つだけ。
 だが、その記事のふたつめ、「背中を押してくれたアダマス」には、どうして花岡さんが歌から離れていたのかに関する記事がある。私が下手に要約するよりも、花岡さんの記事をそのまま引用させて頂いた方が良いと思うので、以下に引用させて頂く。


(引用開始)

みなさん、お元気でしたか?
あらためましてお久しぶりです。
 花岡幸代です。
ずいぶん長い間ご無沙汰してしまいました。
そう、18年間も...。

 

18年前、私が作る歌の主人公だった"世界で一番大切な人"と暮らし始めました。
 歌を歌う毎日とは全然違うけれど、心のどこかでのぞんでいた、平凡だけど穏やかな日々。
その時間を大切にしたくて、私は歌から離れてしまいました。
 優しさと笑顔に包まれて、そのままずっとそうしていたかった。

 

でも、神様はそれを許してはくれませんでした。
 世界で一番大切な人は突然、本当に突然、星になってしまいました。

 

自分の体が半分死んでしまったみたいな日々、気持ちが後ろ向きだった時に、
 『ねぇ、また歌ってみれば?』
って、18年間も置き去りにしていた当時の相棒ギターの"アダマス"が、私の背中を押してくれたような気がしました。
ホコリをかぶったケースを開けて、本当に久し振りにそのギターと向き合った時、うつむいていた心から水が溢れるように、私の気持ちが動き始めるきっかけになったと感じています。

 

...まもなく、世界で一番大切な人が星になった季節がまたやって来ます。
その時が過ぎたら、LIVEを再開したいと思っています。

 

今は、またみなさんにお会い出来る事を、心から楽しみにしています。

 

花岡幸代

(引用終わり)

 

 私は、この文章を読んで、CD「さよならの扉」に収録されていた「さよならの扉」、「サイド・バイ・サイド」を想いだしてしまった。
 花岡さんのCDには、当たり前の日常が大切であることや、生徒時代の淡いけれども強くしかし伝えられない恋心などが、優しい風のような曲となって流れている。そこには相手を大事に想うからこそ、相手が自由を求めているのであれば自分の想いを抑え、自分の身を引いてでも相手の自由を尊重する、相手を本当に思いやれる凛とした愛情が溢れている。

 

 私の記憶している「サイド・バイ・サイド」の歌い出しは、確かこうだ。


 「遠回りしたけど こうして2人 歩いている川のほとり」

 この歌詞から私が勝手に想像する限り、おそらくこの曲を書いたときの花岡さんは、様々な困難を乗り越えて世界で一番大事な人と一緒に歩けることになり、その幸せを感じていたのではないか。しかし、それの幸せを抱きしめながら、幸せすぎる心のどこかで、この幸せが永遠に続くことがないという不安を感じ、予感していたような気がしてならない。


 私は、あまりライブコンサートに出かけたことはないが、花岡さんのライブコンサートがあるのなら、行ってみたいと思っている。

20年近く前だと思うが、ふと気になって購入したCDがあった。


花岡幸代さんの「金のりぼん」 である。


 アコースティックな響きを大切にした曲がとても気に入り、これは大当たりだと1人で宝物でも見つけたかのように興奮したことを、いまだに覚えている。貧乏な司法試験受験生だった私には、もう一枚出されていたCDをすぐに買うことができず、食費をけちって、その翌月にもう一枚のCD「さよならの扉」を買い求めたものだった。


 花岡さんは、確かデビュー時にすでに30歳くらいの、かなり遅咲きのシンガーソングライターだったと思う。遅咲きのデビューにはきっとなんらかの理由があり、花岡さんは間違いなく苦労されていて、それでも自分の道をつらぬいて夢をかなえたアーティストなのだと、私は、彼女の曲から何の理由もなく勝手にそう感じていた。
 そして、なかなか司法試験に合格できず先の見えない自分を、花岡さんのような人もいるのだから、と励ましつつ、勉強に疲れた頭に彼女の清潔感あふれる曲と歌声を聞かせてやったものだった。


 その後、私はなんとか司法試験に合格したが、花岡さんは次のアルバムを出さなかった。
 私は、ときおりCDショップに行ったときに、邦楽ハ行のコーナーをチェックするのが癖になってしまったのだが、何度行っても彼女の新しいアルバムは見つからなかった。


 いつしか、私はCDショップのハ行のコーナーをチェックすることもなくなり、次第に、花岡さんはもう消えてしまったのだと考えるようになっていた。私は、引っ越しのどさくさでCD「金のりぼん」をなくしてしまったが、幸い手元に残っていたCD「さよならの扉」は、自動車のミュージックボックスに録音して時折聞いていた。


 先日、「さよならの扉」を聞いていたときに、花岡さんはひょっとして新しいアルバムを出していないのだろうか、と不意に私は思った。


 20年前と違い、今はインターネットという便利な道具がある。


 私は検索をかけてみたのだった。


(続く)

責任者出てこい!

  • 投稿日:
  • by

 この前のブログで、過払いバブルが崩壊し仕事が大きく減少傾向にあると指摘したところだが、どうせ元に戻っただけでしょ、とのご指摘もあるようだ。元に戻るとしてもどこまで戻っているのかちょっと調べてみた。


 単純に、各地方裁判所(支部を含む)民事通常訴訟事件が平成25年に何件新しく受理されたかというと、その件数は14万7390件(速報値)である。
 地方裁判所に提起された新しい訴訟事件数が上記の数に近い年度を裁判所データブックに出ている平成元年からの資料でみてみると、平成5年から9年までは14万件台である。その後平成10年から15年までは15万件台に増加し、平成16年、17年は13万件台に減少、過払い事件が本格化する平成19年以降は18万件~23万件台になっているが上記の通り平成25年は14万7390件にすぎない。


 何のことはない、よく見てみると、平成25年の民事通常訴訟事件数は、20年前の平成5年の事件数と大して変わらないのだ。


 その間の弁護士数の増加はどうか。
 平成 5年の弁護士数は、14596名
 平成25年の弁護士数は、33624名(約2.3倍)


 さて、司法改革推進論者が振り回してきた司法制度改革審議会意見書(H13)には、こう書かれている。


「今後の社会・経済の進展に伴い、法曹に対する需要は、量的に増大するとともに、質的にも一層多様化・高度化していくことが予想される。」


 結果的に見れば、少なくとも量的予想は大ハズレのコンコンチキである。どこの誰が、一体どんな資料に基づいてこんな大ハズレの予想を立ててくれたんだろうか。
 よくもまあ、こんな大ハズレの予想を基にして司法改革をやってくれたもんだ。しかも様子を見ながら徐々に変えていくという方法もとらずに、マスコミにあおられるまま、予想が正しい前提で突っ走って、法科大学院制度という金食い虫(法曹志願者にとっても、国民にとっても)を生み出し、修習生の給費制を失わせ、挙げ句の果てには法曹志願者を激減させてしまい、法学部の人気すら凋落しているという。


この惨状を引き起こした人は何にも責任を負わなくても良いのだろうか?


 責任者出てこい!


 ・・・といいたくなるね。

ショッキングなデータ

  • 投稿日:
  • by

 今日の大阪弁護士会の司法改革・法曹養成に関する委員会で、弁護士の某先生が裁判所の公表されているデータから作成されたショッキングな資料を頂いた。


 いわゆる過払いバブルといわれた時代が過ぎ、事件が減ったと良く言われるがその実態を示す資料だった。


 弁護士の仕事は訴訟以外にも確かにあるが、民事通常事件(いわゆる(ワ)号事件)がどれだけの件数、各地の地方裁判所に提訴されているかということは、弁護士の仕事の増減を示す一つの指標であるところは疑いがないだろう。


 さて頂いた資料では、過払いバブルの影響もあって、235508件と全国で近時、最も(ワ)号事件が多かった平成21年度(ワ)号事件を100として、平成25年度の(ワ)号事件を指数化したデータも入っていた。


 つまり、平成25年度(ワ)号事件の指数が50ということは、平成21年度に比べて、平成25年度の(ワ)号事件の数が半分になっているということだ。
 マスコミだって弁護士不足を未だに言っているし、わずか4~5年で事件数が半減することを示す50のようなべらぼうな指数が出るはずがないと思われる方もいるだろう。


 しかし現実はあなたの想像を超える。


 指数のワースト10を以下に挙げる。

 1.青森地裁管内 26.8
 2.秋田地裁管内 30.1
 3.盛岡地裁管内 33.0
 4.福島地裁管内 34.9
 5.宮崎地裁管内 37.4
 6.佐賀地裁管内 37.9
 6.旭川地裁管内 37.9
 8.函館地裁管内 38.1
 9.松江地裁管内 38.4
 10.長崎地裁管内 40.1
(全国指数)    62.6

 どうみても、弁護士の仕事は大幅に減少しているということが看て取れる。この指数を見れば、弁護士の仕事が増加していると強弁することは日弁連会長だって無理だろう。

 

 一方、平成21年度の当該地域の弁護士数を100とした場合の、平成26年3月末時点での上記地域の弁護士数の指数もあった。
 上記の地域で見てみると次の通りだ。

 1.青森地裁管内 161.1
 2.秋田地裁管内 123.8
 3.盛岡地裁管内 135.6
 4.福島地裁管内 145.1
 5.宮崎地裁管内 143.0
 6.佐賀地裁管内 151.6
 6.旭川地裁管内 154.5
 8.函館地裁管内 141.2
 9.松江地裁管内 154.3
 10.長崎地裁管内 141.2
 (全国指数)   130.0

 つまり、青森でいうならば、平成21年から平成25年まで(ワ)号事件訴訟の新受件数はほぼ1/4になったが、弁護士数は、1.6倍に増えているということだ。100→26に減った仕事を、100→160に増加した弁護士で分け合うということだ。
 全国的に見ても、100→62.6に減った仕事を、100→130に増加した弁護士で分け合うと言うことだ。


 弁護士不足、潜在的需要はある、と言い張ってきた一部の司法改革信奉者は、この数字を見てもなおその論を変えないのだろうか。もしそうだとすれば、現実に目をふさいでいるとしか思えないのだが。