中森先生ゼミ同期会(2008)

  • 投稿日:
  • by

 私の恩師でいらっしゃる、中森喜彦先生(刑事法)が、今年京都大学を退官された(京大名誉教授にもなられたようです。)ということで、ゼミの同期生のうち、時間が取れた6名が集まって、先生お疲れ様の会(同期会?)のようなものを催しました。

 

 先生が次に奉職される(既にされている)、近畿大学法科大学院・研究室を先生にご案内して頂いて、その後、奈良の料理屋さんで、夕食。

 先生は、「君らは、僕が京大を離れることがそんなに嬉しいのか?」等と冗談を言いながら、かつての学生であった私達と、楽しく話して下さいました。 

 

 翌日は、奈良に泊まった4名(私を含む)で、午前中に薬師寺・唐招提寺を拝観し、中森先生と合流後に昼食をとり、よもぎ餅屋を見物した後、徒歩で若草山の旧道をのぼり紅葉を楽しむ、といった二日間でした。

 

 若草山とはいえ、体力の衰えとメタボ気味の私には、普通のハイキングよりも少しハードに感じましたが、途中の山道での紅葉や頂上からの展望は素晴らしいものがあり、奈良って良いところだなぁと再認識させてもらいました。

 

 もちろん、途中で先生と楽しく会話しながらのぼったのですが、それよりも、先生がほとんど息も切らさず、すいすいと若草山を登っていかれるのは驚きでした。

 

 中森先生は、まだまだ、お気持ちもお体もお若くていらっしゃるので、今回参加できなかった同期の方のためにも、また機会があれば、楽しく集まりたい、と思っています。