出来ることと出来ないこと

  • 投稿日:
  • by

  今日、少年鑑別所を出たのは、おそらく面会に来た人たちの中で最後だったのだ、と思う。既に携帯電話や荷物を入れておくロッカーの鍵は、私が使っているロッカー以外は全て未使用状態になっていたし、途中の一般の方の面会室にも誰もいなかった。

 

 鑑別所の方に「お疲れ様です」と声をかけて、外に出ると、夕暮れが迫り、薄い三日月が光っていた。

 

 少年は、一生懸命に反省に向けて努力している。真面目に反省して、事件の原因が自分のどこにあったのか探ろうとしている。突き詰めて考えていくからこそ、事件について自分で分からないところも出てくることがある。

 当たり前だ。

 私だって、自分の心の全てが、分かるはずもないのだから。

 未成熟の少年が、事件当時の自分の気持ちを省みて、分からない部分があって当然である。

 

 しかし、その分からない部分を質問されると、調査官や鑑別技官にうまく説明が出来ず、きちんと事件に向き合っているのか疑われてしまう場合もある。

 

 出来るなら少年の心を真っ二つに割って、何が書いてあるのか知りたい。知ることができれば、もっと上手く、少年にヒントを出してあげられるかもしれない。

 

  しかしそれはかなわぬ願いである。

 

 付添人としてもっと出来ることはないかと思いつつ、現実に、悩むこともある。