花岡幸代さん(シンガーソングライター)のこと~続き

  • 投稿日:
  • by

 インターネット検索で見てみると、花岡さんはやはり、私の手に入れていた2枚のアルバム以外にアルバムは出されていないようだった。


 ただ、花岡さんの廃盤となっていたCDが復刻されていることはわかった。花岡さんを覚えている人達が後押ししたのか、もしくは覚えている人がCDを復刻する会社にいたのかそれはわからない。ともあれ、私には、花岡さんのあの素晴らしい曲達がまた世の中の方々に聞いてもらえる状態になっていることが嬉しかった。


 そして検索2頁目以降を丹念に見ていって、そのページのリンクまでチェックしていき、私はついに花岡さんのブログを発見することができた。


 今年の6月21日開始されたそのブログは、現在記事はまだ4つだけ。
 だが、その記事のふたつめ、「背中を押してくれたアダマス」には、どうして花岡さんが歌から離れていたのかに関する記事がある。私が下手に要約するよりも、花岡さんの記事をそのまま引用させて頂いた方が良いと思うので、以下に引用させて頂く。


(引用開始)

みなさん、お元気でしたか?
あらためましてお久しぶりです。
 花岡幸代です。
ずいぶん長い間ご無沙汰してしまいました。
そう、18年間も...。

 

18年前、私が作る歌の主人公だった"世界で一番大切な人"と暮らし始めました。
 歌を歌う毎日とは全然違うけれど、心のどこかでのぞんでいた、平凡だけど穏やかな日々。
その時間を大切にしたくて、私は歌から離れてしまいました。
 優しさと笑顔に包まれて、そのままずっとそうしていたかった。

 

でも、神様はそれを許してはくれませんでした。
 世界で一番大切な人は突然、本当に突然、星になってしまいました。

 

自分の体が半分死んでしまったみたいな日々、気持ちが後ろ向きだった時に、
 『ねぇ、また歌ってみれば?』
って、18年間も置き去りにしていた当時の相棒ギターの"アダマス"が、私の背中を押してくれたような気がしました。
ホコリをかぶったケースを開けて、本当に久し振りにそのギターと向き合った時、うつむいていた心から水が溢れるように、私の気持ちが動き始めるきっかけになったと感じています。

 

...まもなく、世界で一番大切な人が星になった季節がまたやって来ます。
その時が過ぎたら、LIVEを再開したいと思っています。

 

今は、またみなさんにお会い出来る事を、心から楽しみにしています。

 

花岡幸代

(引用終わり)

 

 私は、この文章を読んで、CD「さよならの扉」に収録されていた「さよならの扉」、「サイド・バイ・サイド」を想いだしてしまった。
 花岡さんのCDには、当たり前の日常が大切であることや、生徒時代の淡いけれども強くしかし伝えられない恋心などが、優しい風のような曲となって流れている。そこには相手を大事に想うからこそ、相手が自由を求めているのであれば自分の想いを抑え、自分の身を引いてでも相手の自由を尊重する、相手を本当に思いやれる凛とした愛情が溢れている。

 

 私の記憶している「サイド・バイ・サイド」の歌い出しは、確かこうだ。


 「遠回りしたけど こうして2人 歩いている川のほとり」

 この歌詞から私が勝手に想像する限り、おそらくこの曲を書いたときの花岡さんは、様々な困難を乗り越えて世界で一番大事な人と一緒に歩けることになり、その幸せを感じていたのではないか。しかし、それの幸せを抱きしめながら、幸せすぎる心のどこかで、この幸せが永遠に続くことがないという不安を感じ、予感していたような気がしてならない。


 私は、あまりライブコンサートに出かけたことはないが、花岡さんのライブコンサートがあるのなら、行ってみたいと思っている。