谷間世代への給付が日弁連財政を圧迫?

 先日の常議員会には緊急案件で出席が適わなかったが、常議員会資料を見てみると、日弁連から「一般会計から会館特別会計への繰入額見直しについて」の意見照会があったとのことだ。


 題名だけ見ると何のことか分からないのだが、提案理由にはこう書いてある。


 「日弁連は、本年3月1日の臨時総会において、いわゆる谷間世代会員のための給付制度、及び育児期間中の会費免除期間の延長を承認した。前者の財源として日弁連一般会計から日弁連重要課題特別会計に20億円の繰り入れを行う予定であり、後者により、毎年9000万円の減収が見込まれている。(中略)日弁連一般会計について大規模な支出と減収が予想されることから、日弁連財政の健全性を維持し、会計間のバランスを保つため、日弁連一般会計から日弁連会館特別会計に対する繰入額を変更することにつき、2019年6月28日付けで各単位会に賛否を問う照会があった。」


 要するに、谷間世代への給付を行うために一般会計がひっ迫するので、会員が納めている日弁連会費のうち、日弁連会館積立金に回されている毎月800円部分を700円にして、実質毎月100円を一般会計に残したい、ということだろう。もちろん将来の会館の修理等に関する積立金は当初の予定よりも減っていくことになる。


 では、今年3月1日の臨時総会で日弁連執行部はどう言っていたかみてみると、

「今回の給付制度の金額を検討するに当たっては、今後も当連合会が積極的な活動を続けられ、かつ想定され得る有事にも対応できるだけの経済的基盤を確保することを前提とした。谷間世代の会員数は約9,700人であり、給付金額20万円とした場合、その事業規模は20億円程度となる。当連合会は、平成29年の決算の一般会計の繰越金は、約44億円であるところ、南海トラフ地震や首都直下型地震といった有事を想定した際の非常時の支出を想定しても、給付金20万円であれば、当連合会の活動の経済的基盤を辛うじて維持できるものと判断した。」


 つまり、南海トラフ地震、首都直下型地震が来ても大丈夫と大見得を切っているわけだ。

 ところが、今回の提案理由をみれば、会館特別会計に積み立てるお金を減らして、一般会計に回さないと日弁連財政の健全性が維持できないということであり、本年3月1日の説明から僅か3ヶ月あまりで、当初の目論見と異なり毎月の会館積立金を減らして一般会計に回さなければ財政は不健全になってしまう事態が明らかになったということだろう。

 一体どんな杜撰なシミュレーションをすれば、3ヶ月で健全性が破綻するような判断が可能なのか、執行部に聞いてみたいものだ。

 今回の提案にも、会館特別会計繰入額を変更しても大丈夫という、ぺらぺらのシミュレーションが一応ついているが、そもそも3ヶ月で破綻するようなシミュレーションしかできない執行部に、まともなシミュレーション能力があるとも思えない。また、シミュレーションの前提たる大規模修繕費をどう算出したかも一切明確にされていない。こんな穴だらけかつ根拠不明のシミュレーションで会員を説得できると思っているのなら、弁護士全員は日弁連執行部に完全になめられ切っていることになるだろう。


 一般企業で、このような滅茶苦茶な事業計画を役員達が立案して実行し企業の財政にダメージを与えたら、よくて左遷、場合によってはクビをとばされても文句は言えまい。

 毎月の会館積立金額が減るだけではないかと思われるかもしれないが、天災が発生した際に日弁連会館の修理費用は、誰も援助してくれないだろうから、当然日弁連会員が負担しなくてはならない。

 会館積立金の額を減らし、当然見込まれる将来の会館修理等の資金積み立てを先送りにしていくことは、将来発生した場合に必ず必要となる天災による大規模修理等にかかる費用を、前倒しで食いつぶしていることとさほど変わらない。


 そもそも谷間世代を産み出したのは、国の政策ミスであり、本来であれば国が責任を負うべきであって、日弁連が谷間世代に対して給付金を支給することは全くの筋違いも良いところなのだが、日弁連執行部はええカッコしたがりなのか、いわば他人の金をアテにして給付金支給を提案し総会決議を得てしまったのだ。


 私は日弁連執行部に言いたい。

 ええカッコしたいなら、みんなのお金をアテにせず自腹でやれ。
 先を見通せないのなら、せめて将来に禍根を残すことはするな。

 

(追補)

  この意見照会に対して大阪弁護士会の意見は次のとおり(このまま常議員会で議決されたかは不明だが、おそらく議決されたものではないかと思われる)。

 「賛成する。ただし、各単位会及び会員間の財政の健全性に関する更なる議論のために、より充実した資料を提示すべきである。」

 

 いや、意見照会に対して、大阪弁護士会で検討して意見をまとめるためには、まず資料を先に出させるのが本筋ではないのか。資料を検討して初めて賛成すべきかどうか分かるはずではないのか。

 とにかく一旦賛成しておいて、あとで資料を出すようにって、結局日弁連執行部への盲目的追従ではないのか。

 この点に関して、大阪弁護士会執行部も、私から見れば、なんだかな~という感じは否めなかったりするのである。

 

 

 

大パブ閉鎖に関する雑感~その3

(続き)

以前も書いたかもしれないが、知人の医師とお話しした際に、どれだけ弁護士会が会費を使って人権擁護活動を行っているかについて説明したところ、その医師の答えはこうだった。


「そんなに、採算の取れない事業をやれるなんて、弁護士とか、弁護士会って、すげー余裕あるんやね・・・・。」


 おそらく一般の方々の見方も同じではないかと思う。

 そして、弁護士会が自らの負担でその任を買って出るのであれば、少なくとも害にはならない範囲で、やらせておけばいいと思われるだけではないのだろうか。

 また、本当に弁護士会の自腹を切っての施策が、執行部の先生方のお考えのように一般国民の皆様の利益に本当に適っているのであれば、感謝されることはあっても、さして注目を浴びないということはないように思うし、やめないで欲しいという要望が多数寄せられたり、マスコミだって報道するだけではなく、バックアップしてくれてもおかしくはないはずだ。

 広報の拙さも勿論あるだろうが、国民の皆様からさほどの感謝が頂けていないということに仮になるのであれば、一般の国民の方々からは、そこまでする必要はないと思われているからではなかろうか。

 「弁護士から見れば人権擁護のために必要なのだから国民の皆様の考えに関わらず必要だ」という上から目線になりすぎていないか、弁護士会執行部の自己満足に陥っていないか、今の弁護士の状況から見て本当に身の丈にあった活動なのか、等について再検討すべき点があるように思う。

 

 執行部の唱える理想は悪くないが、多くの弁護士がいま置かれている状況を見ずにその理想を追及すれば、理想と現実のギャップに会員は耐えられない。

 もっと弁護士会を支えている個々の会員のことを、第一に考える行動をとる執行部が、なぜ誕生しないのか、私には不思議で仕方がなかったりもするのである。

 

(この項終わり)

大パブ閉鎖に関する雑感~その2

(つづき)

 大パブの話から少しずれていってしまうが、弁護士会は人権擁護のために必要があると考えた場合、採算度外視、会員の負担無視、で突進してしまう傾向にあるように思われる。結果的にはそのための費用は会員である弁護士の負担に帰してしまうのだが、執行部の方は、とにかく人権擁護が先にあるようで、会員の負担をどこまで真剣に考えているのか、私には見えない場合も多いのだ。

 弁護士会の執行部の方は、人権擁護に必要なら、人に知られなくても歯を食いしばって弁護士が頑張っていれば、いずれ制度が変わり国費が支出されるなどして、救われる必要のある方が救われるようになると、未だに考えていると思われる。

 現にそのような説明を常議員会で執行部から聞き、被疑者国選もその一例だとの説明を受けたことがある。


 私はひねくれ者だから、「制度が変わって人権が救済されるようになった例があるとして、その制度変更の理由に弁護士が歯を食いしばって頑張ったからと指摘された例はあるのか」、と突っ込んでみたところ、執行部からは、まともな回答は得られなかった。

 

 マスコミのいうように弁護士も自由競争社会で、どんどん競争すべきというのなら、利益を上げられない者は退場せざるを得ないから、経済的利得を重視しろということだろう。だとすれば、経済的にペイしない事件は扱わないことが時代の流れに沿う、ということになってしまうのではなかろうか。それが望ましいかは別として、国民の皆様が、弁護士の自由競争を望むのなら、弁護士としても経済的利得を重視せざるを得ず、仮に儲け最優先主義を取る弁護士がいてもそれを国民の皆様から非難されるいわれは、全くないということになろう。

 被疑者国選だって、正直言えば、かけた時間や手間暇に比べて僅かな費用しか出ないので、きっちりやるなら自分で事務所を構えている弁護士には、かなりの赤字案件だと思う。人権擁護の点において、被疑者国選は間違いなく意味のある制度だとは思うが、経済的面を重視して見れば、弁護士会が自腹を切って始めたあげく、結局ペイしない仕事を抱え込んでしまっただけではないのかという疑念も、ないではない。

 確かに弁護士が全般的に余裕があるのであれば、執行部のいうような「弁護士が歯を食いしばって・・・・」といような牧歌的な発想があっても良いかもしれないが、既に現実はそんなに甘いものではなくなっていると私は思う。

 

 かつて法曹資格がプラチナ資格と呼ばれ、取得すればある程度安泰な生涯が見通せた時代は、司法改革による弁護士大増員で、もう終わっている。

 いまさら、誰も責任を取ろうとはしないのだが、法曹需要が劇的に増加することを前提として制度改革を設計した、司法制度改革審議会の意見書は、制度設計の前提段階で既に完全に法曹需要の予測を誤り、その誤った予測を前提に司法制度改革の設計をしたことが、以下のとおり明らかになっている(ちなみに法科大学院維持派の学者は、何かと言えば、この誤った前提に基づいて作成された司法制度改革審議会意見書を引っ張り出し、法科大学院制度等を正当化しようとする。そもそも法曹需要の飛躍的増大という予想が間違っていたことはもう明らかなのだから、いい加減に現実を見て欲しいと思っているのは私だけではないはずだ。)。

 日本全体の人口が減少に転じているし、2018年版裁判所データブックによれば全裁判所の新受全事件数は昭和60年の6,680,565件から、平成29年には3,613,952件までほぼ半減しているのである。この間に、弁護士数は昭和61年次の13,159人から、平成30年次には40,098人へと3倍以上増加したのである。


 上記のデータから極論すれば、現在の弁護士界は、半減したパイを、3倍以上の人数で奪い合う時代なのだ。しかも日本の人口減少傾向からすれば、さらにパイは縮む傾向にあると思われる。弁護士は見栄っ張りだからなかなか本音を言わないが、上記のデータに加え、弁護士向け営業セミナーの案内やポータルサイトからの営業電話が、そこそこの頻度であることなどから考えても、仕事が殺到していて順風満帆、将来的にも安泰が見込める左うちわの法律事務所なんて、そんなに多くはないはずだ。

 日弁連執行部や弁護士会執行部の方々は、会務に多くの時間を割くことのできる余裕がおありなので、おそらく順調な事務所経営をされていて実感できないのだろうが、おそらく執行部が無意識のうちに前提としているような、弁護士全般に余裕があった時代はとうに過ぎ去っているのである。

 

(続く)

大パブ閉鎖に関する雑感~その1


 昨日の常議員会で、今年5月末をもって閉鎖になった弁護士法人大阪パブリック法律事務所(以下「大パブ」)の清算に向けての進行状況が報告された。
 そもそもは日弁連の肝いりで、「法の支配をあまねく浸透させる」という意図のもと、全国に先駆けて大阪で、大阪弁護士会が開設した公設事務所であり、閉鎖が決まった際には朝日新聞等でも報道されたのでご記憶のある方も多いだろう。


 これまでマスコミは、弁護士に対して、弁護士制度は社会的インフラと言いながら、弁護士に対して競争しろなどと矛盾した適当なことを言い続けてきた。マスコミの念頭にあるのは、おそらくマスコミが付き合う範囲の、若しくはマスコミが勝手に想像している、高収入の弁護士なのだろう。
 確かに高収入で暇な弁護士(そんな弁護士がいるとすればだが)に対してなら、マスコミの主張も一理あるかもしれない。

 しかし、弁護士も個人事業者である。自らの稼ぎで自分・従業員の生活を維持し、家族を養う必要がある。となれば、採算が取れないボランティア的な仕事よりも、採算が取れる仕事が優先されがちになることを誰も責めることはできないはずなのだ。特に競争原理を弁護士にも求めるのであれば、同時にボランティア的な仕事の処理を弁護士に求めるのは一貫しない主張のように思われる。

 それでも、弁護士費用を負担できない人でありながら、人権擁護のために弁護士が介入する必要があると思われる事件はどうしても発生する。
 このような場合、本来、国がきちんと費用を出すべきなのだが、医療と異なりその点は放置されている状況に近いと私は思う。法テラス制度もあるにはあるが、サービス提供者である弁護士の報酬基準は極めて低く、おそらく仕事の手を抜かない限り、法テラス案件だけでは利益は上げられず、事務所は維持できない。要するに弁護士の善意(ボランティア精神)に頼った制度設計になっている。


 話を戻すが、確かにマスコミ報道では大パブの果たしてきた意義については、概ね紹介されているし、私もその意義を否定するものではない。


 しかし、マスコミ報道は公設事務所は通常赤字であり、その赤字部分を大阪弁護士会で負担してきたことについては、何一つ触れられていないようだ。
 
 私が昨日執行部に聴いたところ、大パブのために大阪弁護士会が自腹を切った額は、15年間での概算だが、5億8800万円にのぼるという。


 このお金はどこかから降ってきたお金ではない。大阪弁護士会の会員が例え自分の事務所が赤字でも歯を食いしばって支払ってきた会費から捻出されているお金なのだ(弁護士会費の滞納は懲戒事由になり、最悪の場合は退会命令を受けるため、弁護士資格を維持するためには、弁護士会費は何よりも優先して負担しなければならない費用なのである)。

 残念ながら、この点に関して、マスコミ報道を見た限り自腹を切って人権擁護のための公設事務所を維持してきた弁護士会・弁護士会員を評価する内容は見られなかったようである。

(続く)

暑中お見舞い申し上げます。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

暑い日が続きますね。

特に今年は、梅雨時に肌寒い日があったので、余計に暑さが応えるような気がします。

酷暑の折、皆様におかれましては、お身体、十分御自愛下さい。

少しでも涼を伝えられないかと、涼しげなNZのサザンアルプスの写真(2008年撮影)を掲載しておきます。

 なお、当事務所は、お盆もカレンダー通り、営業致します。

ただ、順次交代でお休みを頂きますので、ご指名の弁護士、担当事務員がお休みを頂いている場合がございます。その場合はご容赦下さいませ。

DSCN0205.JPG

サザンアルプス

ある未練

 かつて、ミッドナイトランディングという名の、シミュレーションゲームがゲームセンターにあった。

 夜間飛行の航空機を操縦して着陸をするというシミュレーションゲームで、京大グライダー部の仲間と百万石ゲームセンターや、北白川バッティングセンターで腕前を競ったものだ。

 点数はかなりシビアで、2面くらいから横風が吹いてくるので、相当うまくやっても減点されてしまう。さらに進むと、ひどい横風になったりして、主翼が接地するくらいまで機体を傾けたままランディングしないと着陸できないという、非現実的なところもあるゲームでもあったように記憶している。

 以上のお話しは、あくまでシミュレーターゲームのことだが、実は私は学生の頃、伊丹空港で、全日空の、本物のシミュレーターに乗せてもらったことがある。

 私が学生だった当時、今後のパイロットの不足が見込まれていた時期でもあり、全日空の方からのリクルートを兼ねて、グライダー部の連中何人かと、ご招待を受けたのだった。既に視力の点でパイロットになる可能性がなかった私も、連絡係であることを良いことに、便乗させて頂いたように思う。

 もちろん本物のパイロットが訓練するときのように、油圧?で姿勢を稼働させると、とんでもなく費用がかかるということで、姿勢稼働なしのシミュレーターだったが、現実のパイロットが訓練に使用するそのままのシミュレータをいじらせてもらったのはとても貴重な体験だった。

 当時、まだ現役で飛んでいた、トライスターL1011のシミュレーターが、私たちが乗せてもらったものだった。全日空の方が、トライスターと呼ばずに「エル・テン・イレブン」と呼ぶのが格好良かった。

 グライダー部の連中は、グライダー操縦の練習をしているだけあって、ラダーやエルロンの使い方がやはり普通の素人さんよりは上手かったらしい。

 案内してくれた方々が、「みんな、普通に飛んじゃうので、面白くないよな~」と漏らしていたのが印象的だった。

 そのうち退屈してきたのか、火災演習用の煙をコックピット内に吹き出させたりして(むせたりはしなかったが、本当に煙が出るし、緊急警報も鳴るのである)、私たちを驚かすなど、結構お茶目なイタズラもして頂いた。

 滅多にない機会であることは分かっていたので、私はその際に写真を撮りまくったのだが、間抜けなことに、後で見るとフィルムがきちんと装填されておらず、記念写真は全て幻となってしまった。あとで、一緒に行った友人達に大いに残念がられ、恨まれたことは覚えている。

 このようなことがあったからかもしれないが、1年後輩のS君は、確か日航の国際線パイロットになったと記憶している。

 旅客機に乗って旅をする際には、可能な限り窓側を指定し、未だに飽きもせずに窓の外を眺めやることが多い。

 もう一回人生があるのなら、目を大事にして、今度こそパイロットを目指してみたい、という未練は、残念ながら、いまだに私の中にあったりする。

 

DSCF7023.JPG

暮れる成田を離陸する。

ワナカ湖の木

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 私が写真家、マイケル・ケンナのファンであることは以前ブログに書いたところだ。

 昨年12月に東京でマイケル・ケンナの写真展が開催されていたときに、たまたま東京に用事があった事務員さんにお願いして図録を買ってきてもらっていた。

 その図録の中に、私にも見覚えのある風景があった。

 「Wanaka Lake Tree Study1」と題された、そのモノクロの写真は、ワナカ湖の一本の木が主題の作品だった。

 

 私がコンパクトデジカメで撮影すると、ブログ末尾のような写真になるのだが、これがマイケル・ケンナの手にかかると、全く違うのだ。

 もはや、湖面というよりも、果てしなく続く雪原に唯一の生命の証のような木が佇んでいるようだ。

 その木は作品に切り取られた世界の中で、唯一、命を感じさせる存在でありながら、永遠の静寂の中に封じ込められているようにも見える。

 生命は不断に老いへと向かって変化を続ける存在であり、永遠や不変という概念とは相容れない存在のはずなのだが、この矛盾する感覚が、なぜかマイケル・ケンナの作品では矛盾なく、さもそれが当たり前であるかのように同居しているのだ。

  どこかで読んだ気がするのだが、マイケル・ケンナは超絶技巧を駆使するテクニシャンであるとの見方もあるそうだ。

 しかし、私には、単なるテクニックだけで描き出せるものではないと感じられる。

 上手く言えないのだが、芸術家の極めて鋭敏なる感覚が、対象と共鳴して初めて生じうる、微かでもあり又大きくもある、コンサートで奏者が演奏を終えた直後に一瞬訪れる、静寂に似た余韻のような何かに、私たちの心は動かされるのではないかとも思うのだ。

DSCF4145.JPG

ワナカ湖の木

ポテトチップス

 海外旅行に出かけた際には、どうしても野菜不足になるので、現地のスーパーなどをうろうろして、カット野菜を買ったりする。もちろんその他に、面白そうなものや美味しそうなものがないか探したりして、お菓子を買うこともある。

 私が行ったことのある国では、例外なくポテトチップスはお菓子のコーナーに置かれていた。特にNZは、ポテトチップスのコーナーはバラエティに富んでいて、量も質も多かったような気がする。量販型と思われる大型スーパーに行ったときには、高さ2m以上の棚で数十メートルにわたってポテトチップスばかり並べているところもあった。

 何所の国でも最もよく見かけるのは、プリングルズの筒状の箱に入ったやつだ。味の想像がつくので外れがなくて安心だが、遠くまで来て味の分かりきったお菓子を買うのもなんだか嫌だ。
 そこで、私は基本的に現地のお菓子を買うことが多い。

 ポテチの中で、特に私が気に入って食べていたのは、Copper KettleブランドのポテトチップスBBQ味だ。確かNZのメーカーで、ちょっとお高めだったような気がするが、昔ながらの製法を守っているような絵が描いてあって、噛めば噛むほどジャガイモの味が出る堅めのチップスに、バーベキューソースがたまらない。

 初めてその味を知ってからは、NZに出かけた際には必ず、このポテトチップスを買い求めて食べてしまう。

 多少高くても良いから、日本でも手に入らないかと思って探したが、私の探した範囲では見つからなかった。
 つぎにいつNZに行けるか分からないが、機会があれば是非ともてに入れたいと思っている。

DSCN0771.JPG

NZ:アロータウン

フェリーの旅

 高2の秋、修学旅行で東京から帰るときにフェリーに初めて乗った。当時は、東京港から紀伊勝浦の宇久井港までフェリーが運航されていたのだ。

 その路線は既に廃止となって久しいが、大学時代に日本海航路を利用して北海道にバイクツーリングに出かけた経験もあるせいか、私は今でもときどきフェリーを旅の手段として使う。

 乗船手続きから、普段と違う世界が感じられて楽しいし、船内の食事も楽しみだ。もちろんお金が無かった学生時代はカップ麺を買い込んでお湯だけもらって凌いでいたが、それはそれで楽しかった。

 フェリーの仲で知り合った、トラックの運ちゃん達に誘われて、麻雀大会になってしまったこともあった。幸い、大きく負けることもなく、旅の資金を失うことは避けられたように記憶している。

 バイクや自動車をそのまま運べることも嬉しい。

 私は、主に九州・四国に出かける際にもフェリーを利用するし、海外でもバルト海のシリアラインなどを利用して、ストックホルムからタリンへ移動したこともある。ストックホルムのターミナルでは、どでかいムーミンのぬいぐるみがガラスケースないに飾られていたはずだ。

 

 確かに時間はかかるが、その分ノンビリ出来るし、少し贅沢して良い個室を取れば、ちょっとしたホテル並みの装備がついている場合もある。ホテル並みの部屋で寝ているうちに、自動車と一緒に目的地まで運んでもらえるので、かなり重宝する。

 豪華客船でのクルージングは、富裕層向けの娯楽であって、旅という感じがしないのではないかと勝手に想像しているが、フェリーでの船旅は富裕層でなくったって十分楽しめる。

 もっと評価されて良いのではないかと何時も思うのだが。

DSCN0940.JPG

(日本海上ですれ違うフェリー)

トルチェッロ島

 20年ほど前に訪れたときに撮影したトルチェッロ島のサンタ・マリア・アッスンタ教会。

 トルチェッロ島は、ベネチアからヴァポレットに乗って小一時間。

 ブラーノ島の近くにある。

 僅かな人しか住んでいないと聞いていた。

 当時は今ほど観光地化されておらず、冬場で、しかも夕方でもあったため、見学者は私1人であり、こんな静かな風景に恵まれた。

 日々の仕事に疲れたときには、このような静かな風景のなかで刻を過ごしてみたくなったりする。

sakano0091.jpg