法科大学院は廃止すべきか~2007.9.26掲載の記事を再掲

法務省のHPに、第34回司法試験管理委員会ヒアリングの概要が、掲載されていたので読んでみました。
 

 内容としては新司法試験の合格者と、旧司法試験の合格者をどのように割り振るかという話がメインのようでした。

 

 その中で指摘されていたのが、最初の法科大学院卒業後の新司法試験合格者である新60期の修習生について、「ビジネスロイヤー(簡単に言えば金儲け)志向が強い」「実体法(民法・刑法の基本)の理解が不足している」という従前から指摘されている問題点でした。

 

  この指摘だけでも法科大学院制度の失敗は明らかでしょう。社会の多様かつ優秀な人材を含めて、優秀な法律家を多数輩出することを目的とした法科大学院制度の導入により、従前の制度より金儲け志向の強い、質の低下した法曹が多数生まれようとしているのですから。

 

 つまり法科大学院制度を推進した大学法学部の教授の多数は、自分たちなら優秀な法曹を養成できるはずだ、と実際には教育する実力もないのに過信していただけということになります。

 

 更に致命的なのは、法科大学院志願者が減少していることです。多数の志願者が競争すればするだけ、優秀な合格者が生じる可能性が高くなります。全国大会1位~10位の選手のチームと、町村単位で1位~10位の選手のチームを比較した際に、どちらが優秀かは考えるまでもないでしょう。法科大学院経由での最初の合格者で最も優秀とされる新60期の、司法修習生ですら基本的知識に欠けるものが多いと指摘されているばかりか、現在では法科大学院志願者は減少しているのです。法科大学院は優秀な法律家の卵すら集められない状況になりつつあります。

 

 この点、法科大学院側の認識は新司法試験の合格率が高くないため、志願者が減少しているのだから、合格者を増加させれば良いというもののようであり、全く現実を見ていない脳天気な認識といわざるを得ません。

 

 社会人が職をなげうって家庭を犠牲にしてまでも法律家を目指す場合には、法律家になれば一定の安定した収入が見込めなければ、なかなか踏み切れないでしょう。安定した職を失ってまで、家族を将来的に経済危機に陥らせる危険がある職業に転職したいと誰が思うでしょうか。優秀な法律家を広く求めたいのであれば、法律家(特に合格者の大多数がなるであろう弁護士)が魅力のある仕事でなければなりません。

 

 はたして、合格者を激増させ、就職困難を招いている弁護士の現状が魅力のある状況とは到底言えないでしょう。さらに合格者を増加させて生活困難な法律家を産み出してしまえば、もはや優秀な人材が法律家を目指すことをやめてしまうでしょう。合格者数は真に法律家の需要を見定めて決定すれば足りるはずでしょう。

 

 法科大学院は直ちに、制度的失敗と自らの能力不足を認めて、廃止すべきです。

 知人の某有名大学の法科大学院講師(弁護士)に事情を聞いても、学生のレベルはがた落ちで、ごく一部の優秀な学生を除いて到底法律家にすべきではないレベルだとのことでした。早急に改めないと取り返しのつかない事態になるかも知れません。

(再掲後記)

※この記事を書いたのは約11年前でした。

 結局、法科大学院は未だにその教育について改善をすると言い続けながら低迷し、優秀な学生を集められずに、ついには法曹志願者を激減させるまでに至ってしまいました。

 以前から指摘されていた問題を、10年以上かけても解決できないのであれば、制度自体に問題があると考えるべきでしょう。 また、これまで法科大学院制度維持の中心になってきた学者たちには、もはやこの問題の解決能力はないということは明白だということです。

 政府は、文科省法科大学院等特別委員会を直ちに廃止するか、国民のための法曹養成よりも大学経営のために法科大学院維持を唱え続ける、全ての委員の首を切り、真に国民のための法曹養成を考えることができる委員に変更するべきでしょう。

 いつまで失敗が明らかになった制度に、国民の血税を投入させるつもりなんでしょうか。文科省や学者の唱える法科大学院延命策は、例えれば、胃癌の患者に対し、患者が胃が痛いというから、胃腸薬を与えている、そのような対応しかしていないように見えます。腹痛の真の原因(胃癌)を見抜き、その原因を治療しなければ、法曹志願者の減少は止められません。

 法曹志願者の減少を止める方法は簡単です。放っておいても志願者が激増している医学部・医師について分析し、それと同じ方法をとればいいのです(もう手遅れかもしれませんが)。

 何とかの一つ覚えのように、法曹志願者減少の原因を司法試験の合格率のせいにばかりしている学者は、もういい加減、自主退場されたらどうですか。医学部志願者は医学部の難化(合格率の低下)とともに激減しましたか?経済的裏付けもない状態であるにも関わらずやりがいだけで、優秀な人材をヘッドハンティングできますか?

 現実を見ることができないことが明らかなのですから、あなたたちの対応が的を射るはずがありません。現にあなたたちの10年以上も行ってきた対策では、何の効果も出ないどころか、事態を悪化させる一方なのですから。