ある未練

 かつて、ミッドナイトランディングという名の、シミュレーションゲームがゲームセンターにあった。

 夜間飛行の航空機を操縦して着陸をするというシミュレーションゲームで、京大グライダー部の仲間と百万石ゲームセンターや、北白川バッティングセンターで腕前を競ったものだ。

 点数はかなりシビアで、2面くらいから横風が吹いてくるので、相当うまくやっても減点されてしまう。さらに進むと、ひどい横風になったりして、主翼が接地するくらいまで機体を傾けたままランディングしないと着陸できないという、非現実的なところもあるゲームでもあったように記憶している。

 以上のお話しは、あくまでシミュレーターゲームのことだが、実は私は学生の頃、伊丹空港で、全日空の、本物のシミュレーターに乗せてもらったことがある。

 私が学生だった当時、今後のパイロットの不足が見込まれていた時期でもあり、全日空の方からのリクルートを兼ねて、グライダー部の連中何人かと、ご招待を受けたのだった。既に視力の点でパイロットになる可能性がなかった私も、連絡係であることを良いことに、便乗させて頂いたように思う。

 もちろん本物のパイロットが訓練するときのように、油圧?で姿勢を稼働させると、とんでもなく費用がかかるということで、姿勢稼働なしのシミュレーターだったが、現実のパイロットが訓練に使用するそのままのシミュレータをいじらせてもらったのはとても貴重な体験だった。

 当時、まだ現役で飛んでいた、トライスターL1011のシミュレーターが、私たちが乗せてもらったものだった。全日空の方が、トライスターと呼ばずに「エル・テン・イレブン」と呼ぶのが格好良かった。

 グライダー部の連中は、グライダー操縦の練習をしているだけあって、ラダーやエルロンの使い方がやはり普通の素人さんよりは上手かったらしい。

 案内してくれた方々が、「みんな、普通に飛んじゃうので、面白くないよな~」と漏らしていたのが印象的だった。

 そのうち退屈してきたのか、火災演習用の煙をコックピット内に吹き出させたりして(むせたりはしなかったが、本当に煙が出るし、緊急警報も鳴るのである)、私たちを驚かすなど、結構お茶目なイタズラもして頂いた。

 滅多にない機会であることは分かっていたので、私はその際に写真を撮りまくったのだが、間抜けなことに、後で見るとフィルムがきちんと装填されておらず、記念写真は全て幻となってしまった。あとで、一緒に行った友人達に大いに残念がられ、恨まれたことは覚えている。

 このようなことがあったからかもしれないが、1年後輩のS君は、確か日航の国際線パイロットになったと記憶している。

 旅客機に乗って旅をする際には、可能な限り窓側を指定し、未だに飽きもせずに窓の外を眺めやることが多い。

 もう一回人生があるのなら、目を大事にして、今度こそパイロットを目指してみたい、という未練は、残念ながら、いまだに私の中にあったりする。

 

DSCF7023.JPG

暮れる成田を離陸する。